読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東芝が1万4450人の社員をリストラ 

日本の電機メーカー大手の東芝は、2016年4月15日、会計不祥事問題後に公表したリストラ策として、再配置と早期退職を含む人員削減数が国内外で1万4450人となったと発表しました。

 

www.nikkei.com

 

家電・パソコンや半導体の一部などが今回のリストラの対象で、家電やパソコンなどのライフスタイル部門の削減数が7610人と最も多かったとのこと。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

リストラは日本国内だけでなく、海外の東芝社員も対象となっていて、国内は8430人で海外は6020人だそうです。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

もはや大手企業といっても、定年退職までリストラの心配なく安心して働ける会社なんて一社もないのかもしれません。

 

会社に依存する働き方ではなく、いつ会社がなくなって放り出されても、どこにでも転職できるスキルを日々磨いていくことが、今の時代には求められているのだと思います。

 

東芝を整理解雇された社員さんの多くが、無事に再就職されることを心より願っています。