読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三洋電機の事例を見ればリストラの恐ろしさがわかります。

三洋電機はかつては日本中、いや世界中の誰もが知る日本の超大手総合家電メーカーでした。

 

それもそのはずで、最盛期の三洋電機の年間売り上げ高は2兆円にも上っており、新卒就活生の入りたい企業に毎回上位に位置する人気の常連企業でした。

 

そんな三洋電機の社員ですが、2010年には10万人にもいた社員も、パナソニックに買収された結果、わずか7000人になってしまいました。

 

trendy.nikkeibp.co.jp

 

9万3000人はリストラされたってことですね。

 

 

たくましく転職して輝いている人もいるでしょう。

 

itpro.nikkeibp.co.jp

 

でももちろん、転職に成功した人だけではありません。

 

 

再就職が事実上とても厳しくなった50歳超えた中高年の社員も数多く含まれています。

 

 

この三洋電機のリストラから、みなさんは何を感じ取るでしょうか?

 

どんな大企業でもリストラされるという覚悟を持つべき

僕は日本でも有数の大企業に新卒で入社した生え抜きだから、このまま定年まで安泰だろう。

 

なんて考えている脳天気な人はもはや現時点で社会に出ている人の中には一人もいないと思います。

 

ゆとり世代」とかなんでもかんでも馬鹿にするなという気持ちもわかります。

 

誰もが、今のポジションがいつまでも続くとは思っていないと思います。

 

いつ三洋電機のように大半の社員がリストラされるかもわかりませんが、もしリストラされても、会社や他人を恨むのはやめましょう。

 

だれもが背負うべきリスクです。

 

ten-shoku.biz

 

 

まずは転職できるかどうか、転職活動を地道に始めるしかありません。

 

自分の技術やキャリアを買ってくれる会社があれば、そこで次の道が開けます。

 

自分が思っているのとは、全く違った角度から、ラブコールが送られてくることも少なくないので、まずは動いてみないことには始まりません。

 

リストラは「対岸の火事」では決してありません。

 

自分だけはリストラされないだろうと、平和に生きるのは、プラス思考でもなんでもなく、ただの現実逃避です。

 

備えは慎重に、そして行動は大胆に、前向きに進めることが大事なことだと思います。

 

何が起きても、絶望せず、自分を信じて、可能なことを粛々と行っていくことが重要だと強く思っていますし、日々自分に言い聞かせています。。