読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳過ぎてリストラされたらホームレス一直線なのか。

リストラに限らず、40歳過ぎて職を失ったら、その後どのような人生が待ち受けているのでしょうか?

 

私の知っている人は、今年52歳ですが、リーマンショック前まで年収2000万円の外資金融マンでしたが、今ではコンビニで暮らしています(時給950円だと言ってました)。

 

電車での痴漢で裁判沙汰になった人を間接的に知っていますが、その人は、製造業大手で1000万以上もらってましたが、今生活保護生活をしているうえ、重い肺炎で多額の医療費を払い続けています。

 

ここから見て取れるのは、大手企業に新卒入社して、会社の看板に甘えてぬるま湯の中で働いていた人は、40前後でクビを切られると、かなり苦労した人生を送っている人が多いように感じます。

 

 

restructures-news.hatenablog.com

 

restructures-news.hatenablog.com

 

restructures-news.hatenablog.com

 

一方、それまで中小企業を渡り歩き、転職回数の多い人は、40歳前後でリストラされても、これまでもそうした逆境を転職で職を変わるごとに身に着けているからか、しぶとく(?)正社員として、いままでのキャリアを活かしながら働いています。

 

自分の武器を長年磨き続けてきた野生のファイターと、大手だしリストラされることはないでしょ!とこれまで平和に働いてきた人のどちらが、逆境に強いかとただそれだけだと思います。

 

誰にとってもリストラされることは厳しいですが、そうした最悪のシナリオに備えて、日々準備をしていた人が今の世の中ではもっともサバイバル力が高いのかもしれませんね。