電通に強制調査!新入社員過労死自殺事件をうけて 

広告代理店最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の自殺は過労が原因の労災と認定された問題で、東京労働局と三田労働基準監督署は14日午後、東京都港区の電通本社に対し、労働基準法に基づく強制調査に乗り出したとのこと。

 

mainichi.jp


未来ある若者を過労死自殺に追い込んだ

とんでもない事件なので、徹底的にやってほしい。

 

この手の事件を少しでも正当化する奴を俺は決して許さない。

 

「月100時間残業ぐらいで自殺するなんてなさけない」とどこかのジジーが言ったそうだが、お前ら高度経済成長時代の100時間残業と俺たちロスジェネ世代の100時間残業の、精神的負荷は雲泥の差なんだよ。

 

www.huffingtonpost.jp

 

何もしらねー、ボケジジーは偉そうに上から目線で自分の過去を美化してないで、ジジー同士碁でも打って引っ込んでろ

 

一部、上司によるパワハラやセクハラも受けていた可能性があるという報道もあるので、そういう上司がいるのであれば、逮捕、検挙に踏み出してほしい。

 

news.allabout.co.jp

 

こんかいの悲劇は、典型的なブラック企業でよく耳にする話だ。

 

日本の労働力を疲弊させているのがブラック企業

 

社員を社畜として使い倒して、ポイ捨てすりゃいい。使えなくなったら新しいモノとチェンジでってのが奴らブラック企業のやり口なので、日本から消し去らなくてはならない。

 

restructures-news.hatenablog.com

 

ちなみに、電通には下記のような鬼十則っていうのがある。

 

4代目社長吉田秀雄によってつくられた行動規範として社の内外に知られているが、氏は落ちぶれてしまった電通に何を今思うのだろうか。

 

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。